• 作者介紹

    KenC,本名朱育賢。台大日文研究所,現為專業中英日口譯及語言學習顧問,日本最大學會「日本語教育学会」正式成員,不定期往返台灣及日本。無語言背景,自學日語第二年即通過一級檢定。兼具學術訓練及豐富實務經驗,為倡導正確、高效率且符合現代需求的語言學習方法而成立此網站。
    詳細經歷
  • 書籍訂購常見問題

  • 書籍教材

    e99b86e5a4a7e68890e4b880~1

    音速日語單語集(N2~N4)

    e99b86e5a4a7e68890e4b880~1

    集大成教材(N3~N5)

    e5aea3e582b3e5b195e7a4bae59c96-2-s~1

    集大成教材2 (N2~N1)

    e88081e5b8abe6b292e69599e79a84e697a5e8aa9ee69687e6b395-e5b195e7a4bae59c96-21~1

    老師沒教的日語文法

    e88081e5b8abe6b292e69599e79a84e697a5e8aa9ee69687e6b3952-e5b195e7a4bae59c96-ok-e4bfae~1

    老師沒教的日語文法2

  • 練習本教材

    e99b86e5a4a7e68890e4b880~1

    初中級練習本(N3~N5)

    e99b86e5a4a7e68890e4b880~1

    進階練習本(N1~N3)

  • PDF講義無法開啟?

  • 留下寶貴意見!!

    各位的寶貴意見及鼓勵,將是我們每天每天努力的泉源, 即使是一二句也沒關係,請讓我們聽聽您的感想和意見!! 至FB專頁留言
  • 建議使用瀏覽器

    Email
  • イメージキャラクター(網站吉祥物)

    網站吉祥物 ソニックマ(音速熊)和ランニンウサギ(學習兔)

[進階單元14] 「に~」に関する使い方 ②

.

14

..

學習目標:

① 學習用法「~によって」

② 學習用法「~によると」

③ 學習用法「~について」

④ 學習用法「~に対して」

⑤ 學習用法「~にとって」

.

.

集大成二影片教材

.

.

.

  按此下載PDF講義檔(20頁)(強力推薦!)

(開啟密碼:sonicjpn)

.

.

.

.

 想測試自己是不是真正學會了嗎?

專為音速進階文法教材編寫的練習本請點選這裡

若能克服練習本的題目,以後就天下無敵了(笑)

.

.

 進階文法36課內容 +敬語教材 +番外篇教材

+初級文法第51~60單元

全部收錄於集大成教材2(6書+6CD)

站長親錄 詳細解說聲音檔,可放進手機隨時聆聽

詳細情報點選這裡觀看

.

.

.

.

.

講義本文:

進階教材 第14課

 「に〜」に関する使い方②

.

學習目標

① 學習用法「~によって」

② 學習用法「~によると」

③ 學習用法「~について」

④ 學習用法「~に対して」

⑤ 學習用法「~にとって」

我們將本單元介紹的用法,簡單整理如下:

 

「〜によって」:

相當於中文的「依據某項基準~、根據~」。

 

「〜によると」:

相當於中文的「聽~説~」,表示有明確的消息來源。

「〜について」:

相當於中文的「關於~」。

 

「〜に対して」:

表示對象的「に」+加強語氣,相當於中文的「對於~」。

 

「〜にとって」:

相當於中文的「對~來説」,表示站在某人的立場上。

 

 

 

詳細例句解說,請參照後面的篇幅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~によって

 

 

「〜によって」是很常使用的句型,由動詞「よる」而來,動詞「よる」漢字可以寫成「因る、依る」,相當於中文「依據~、根據~」的意思,

 

「よる」:「依據~、根據~」

 

例:

実験結果による結論。

(根據實驗結果所得到的結論。)

労働による所得。

(根據勞動而得到的所得。)

 

因此,「〜によって」的意思也差不多,可以理解為,

 

「〜によって」:「依據某項基準~、根據~」

 

例:

重さによって、値段が違う。

(根據重量的不同,價格也不一樣。)

風習は国によって異なる。

(根據國家的不同,風俗習慣也不同。)

 

簡單來說,將「〜によって」同樣理解為中文的「依據~」即可,表示「依據某項基準而有不同的現象、或進行不同的動作」之意。

基本句型

 

基本句型: 名詞 によって、〜。

形容詞名詞形 によって、〜。

動詞名詞形 によって、〜。

句子 によって、〜。

(根據~、依據~)

 

例:

 

努力したかどうかによって、成果も違うと思う。

(我認為根據有沒有認真努力,所得到的成果也會不同。)

 

友達を見ることによって、どんな人が分かる。

(根據觀看他的朋友,就能知道他是什麼樣的人。)

 

輸入の増加によって、需要は下がった。

(根據進口數量的增加,而使得需求下跌。)

 

状況によって、適切に作戦を変える。

(根據狀況,調整合適的作戰策略。)

 

 

經常使用場合

 

① 由於具有「依據~」之意,因此有時會用以表示「方法手段」,中文可以翻譯成「經由〜」。

例:

 

問題は話し合いによって解決した方がいい。

(問題要經由討論來解決比較好。)

 

先生はテストにより、生徒が理解したかどうかを確認する。

(老師經由考試,來確認學生是不是已經充份理解了。)

 

 

② 表示依據不同的情況,而會有不同的現象

 

例:

 

服装の流行は時代によって速く変わるものだ。

(服裝的流行是會根據時代而快速變動的。)

 

今年の売り上げの高さによって、社員旅行の行き先が決定される。

(根據今年營業額的多寡,來決定員工旅行的地點。)

 

 

注意事項或相似用法區別

 

「〜によって」有一項特殊用法,就是和「動詞被動形」一起連用。經由使用「〜によって」,日文中的某些被動語句才不會帶有一種「受害」的感覺~

 

例:

 

アメリカはコロンブスに発見された。

(美洲大陸被哥倫布發現走了。)

是原本有其他人發現嗎?帶有受害語氣,不自然

 

アメリカはコロンブスによって発見された。

(美洲大陸被哥倫布發現/哥倫布發現了美洲大陸。)

 

「羅生門」という小説は芥川龍之介に書かれた。

(羅生門這本小說被芥川龍之介寫走了。)

原本有其他人也要寫這本小說嗎?帶有受害語氣,不自然

 

「羅生門」という小説は芥川龍之介によって書かれた。

(羅生門這本小說被芥川龍之介寫了/

芥川龍之介寫了羅生門這本小說。)

 

カラオケは、七十年代に日本人に発明された。

(卡拉OK在七十年代時,被日本人發明走了。)

原本是其他人發明的嗎?帶有受害語氣,不自然

 

カラオケは、七十年代に日本人によって発明された。

(卡拉OK在七十年代時為日本人所發明/

日本人在七十年代時發明了卡拉OK。)

 

 

 

 

 

 

~によると

 

 

「〜によると」和「〜によって」一樣,都是由動詞「よる(根據)」來的,雖然同樣帶有「根據」的意思,但是「〜によると」的意思略為不同。不不,並不會不好區分,因為「〜によると」的使用時機非常固定。

 

「〜によると」:用於表示「消息來源」,相當於中文的「聽~説」,一般會用在「聽新聞説~」「聽朋友説~」等等情況下。

 

「〜によると」句尾一般會出現表示「傳聞、聽說」的用法,例如「〜そうだ」和「〜らしい」等等。

 

 

基本句型

 

基本句型: 名詞  によると、〜。

(根據~、聽聞~)

 

例:

 

今日の新聞によると、

来年度、三つの小学校が新設されるそうだ。

(根據今天的報紙,明年將新增三所小學。)

 

天気予報によると、明日雨が降るそうです。

(根據天氣預報,明天聽說會下雨。)

友達の話によると、あの映画はとても面白いらしい。

(根據朋友的說法,那部電影似乎很有趣。)

 

部長の話によると、

会社はまだ外国の会社と契約をしていない。

(根據部長的說法,公司目前尚未和外國公司簽約。)

 

 

經常使用場合

 

① 經常用於表示「媒體資料、人物」等消息來源

 

例:

 

ニュースによると、

日本では成人式を迎える人は120万人だそうです。

(根據新聞報導,聽說在日本進行成年禮的人約有一百二十萬人。)

 

ラジオ放送によると、来年大きな選挙があるそうです。

(根據廣播,明年聽說會有大型選舉。)

 

歴史の資料によると、

昔、この地方に大きい神社があったそうです。

(根據歷史資料記載,以前這裡聽說有一座很大的神社。)

 

母の話によると、弟は地元の高校に受かったらしいです。

(根據媽媽的說法,弟弟似乎考上了本地的高中。)

注意事項或相似用法區別

 

「〜によると」也可以寫成「〜によれば」的形式,意思和用法相同,都是「による」+「假設用法」,

 

「〜によると」:「による」+表示假設語氣的助詞「と」

「〜によれば」:「による」+表示假設的「動詞ば形」

 

例:

 

天気予報によれば、明日雨が降るそうです。

天気予報によると、明日雨が降るそうです。

(根據天氣預報,明天似乎會下雨。)

 

友達の話によれば、あの映画はとても面白いらしい。

友達の話によると、あの映画はとても面白いらしい。

(根據朋友的說法,那部電影似乎很有趣。)

 

另外,「〜によって」和「〜によると」都是「根據~」的意思,那麼在用法上有什麼不一樣呢?

 

「〜によって」:表示依據某項「基準」

「〜によると」:表示依據某項「消息來源」

 

例:

 

ニュースによると、台湾では農産物の輸入が増加したそうだ。

(根據新聞報導,台灣的進口農產品聽說增加了。)某項消息來源

輸入の増加によって、需要は下がった。

(根據進口數量的增加程度,會使得市場需求下跌。)某項基準

 

部長の話によると、

A社との交渉は、まだ結果が出ていないそうだ。

(根據部長的說法,和A公司的交涉目前還沒有結果。)消息來源

 

状況によって、適切に作戦を変える。

(根據狀況,調整合適的作戰策略。)某項基準

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~について

 

 

「〜について」也是口語會話中使用頻率非常高的句型,可以用二種方式記憶:

 

① 由動詞「付く」而來,「付く」是「付著、跟著、黏著」的意思,

 

例:

顔にご飯が付いてるよ。

(臉上黏著飯粒喔。)

ついて来なさい。

(跟著我過來。)

今日はついてない。

(今天真是不走運。)運氣沒有跟著過來

 

② 「〜について」就是中文「關於~」的意思,

像是「關於這件事~」「關於這篇文章~」等等語句

 

老實說,我們會比較建議使用第二項方式記憶,因為「〜について」平時使用的頻率很高,因此直接記住意思、直接使用出來,應該會是較有效率的學習方式。

 

基本句型

 

基本句型: 名詞  について、〜。

(關於~)

例:

 

日本の経済について研究しています。

(研究關於日本經濟的題目。)

 

この病気の原因については、いくつかの説がある。

(關於這種疾病的原因,有許多種說法。)

 

我が社の新製品について、説明いたします。

(關於我們公司的新商品,現在進行說明。)

 

この本はコンピューターの使い方についての本です。

(這本是關於電腦操作方法方面的書籍/電腦操作方法相關的書籍。)

 

 

如何有效記憶

 

將「〜について」這項用法,直接記憶成中文的「關於~」即可。有時在句子中可以用其他助詞來代替,例如「を、は」,不過意思上會少了「特定」的感覺。

 

例:

 

日本の経済を研究しています。

(研究日本經濟。)

日本の経済について研究しています。

(研究關於日本經濟的題目。)

この病気の原因は、いくつかの説がある。

(這種疾病的原因,有許多種說法。)

この病気の原因については、いくつかの説がある。

(關於這種疾病的原因,有許多種說法。)

 

因此,可以將其理解成:

 

「〜について」=「關於~」

 

 

經常使用場合

 

① 解説相關事情或情況時

 

例:

 

この問題について、何か質問がありますか。

(關於這項問題,有任何疑問嗎?)

 

国の教育制度について、レポートを書いた。

(我寫了關於國家教育制度的報告。)

 

あなたの趣味について話してください。

(說一點關於你平日的興趣吧/你有什麼興趣呢?)

 

あの件については、彼の指示に従ってください。

(關於那件事,請聽從他的指示。)

注意事項或相似用法區別

 

和「〜について」幾乎相同的用法,還有「〜に関して」這項句型。從字面上就看得出來,「〜に関して」是中文「關於~」的意思,二者唯一不同之處,在於,

 

「〜について」:口頭會話用語

「〜に関して」:文章書信用語

 

例:

 

日本の経済について研究しています。

(研究關於日本經濟的題目。)

日本の経済に関して研究しています。

(研究關於日本經濟的題目。)

感覺是出現在文章或正式場合

 

この病気の原因については、いくつかの説がある。

(關於這種疾病的原因,有很多種說法。)

この病気の原因に関しては、いくつかの説がある。

(關於這種疾病的原因,有很多種說法。)

感覺是出現在文章或正式場合

 

 

 

 

 

~に対して

 

「〜に対して」這項用法,是從動詞「対する」來的,動詞「対する」是「對於~」的意思,

 

「対(たい)する」:對於
例:

将来に対する期待。

(對於將來的期待。)

家族に対する思いやり。

(對於家人的貼心關懷。)
因此,「〜に対して」也是相同的意思,

「〜に対して」:

「對於~」,表示對於某事物産生什麼樣的情緒反應或動作

 

例:

私は政治に対して、あまり関心がない。

(我對於政治不太熱衷。)

市民は増税に対して、強く反対している。

(市民對於增加納稅強烈反對/市民強烈反對加稅。)

 

簡單來說,將「〜に対する」理解成中文的「對於~」就可以了。
基本句型

 

基本句型: 名詞  に 対して、〜。

(對於~)

 

例:

 

お客様に対して、失礼なことを言ってはいけない。

(對於客人,不可以說出失禮的話。)

 

日本からの輸入品に対しては、関税がかけられている。

(對於日本進口的貨品,課徵了關稅。)

 

良い事をした人に対して、表彰状を贈る。

(對於做了好事的人,贈予表揚狀。)

 

私は日本語だけでなく、日本の文化に対しても興味があります。

(不只對日文、我對於日本文化也很有興趣。)

 

 

如何有效記憶

 

其實單純用助詞「に」也可以表示「對於」的意思,只是語氣沒有像「〜に対して」那麼明顯而強烈,

 

 

例:

 

両親は私の決めたことに強く反対した。

(雙親強烈反對我決定的事。)

両親は私の決めたことに対して強く反対した。

(雙親對於我決定的事強烈反對。)

 

日本によくある木造建築は、地震に強いが、火事に弱い。

(日本常見的木造建築,耐震、但是不防火。)

日本によくある木造建築は、地震に対しては強いが、

火事に対しては弱い。

(日本常見的木造建築,對於地震的耐性很高、

但是對於火災則完全不行。)

 

 

因此,可以將其理解成:

 

「〜に対して」=対象「に」+加強語氣

 

 

經常使用場合

 

① 表示針對特定的對象或事情

 

例:

 

 

遅れてきた学生に対して、先生は厳しく注意した。

(對於遲到的同學,老師嚴厲斥責了他們。)

 

山に登るときは、酸素不足に対して、十分な注意が必要だ。

(登山的時候,對於缺氧的情況必須特別注意。)

 

母は妹に対しては優しいが、私に対しては厳しい。

(母親對妹妹很好、但是對我卻很嚴格。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~にとって

 

「〜にとって」這項文法,從字面上看起來是從動詞「とる(取る)」來的,「とる(取る)」的意思是「拿取」,不過其實「〜にとって」的意思和「とる」並沒有太大關係。

 

「〜にとって」的意思是「從某人的角度來看~」,相當於中文「對於~來說」之意,後面經常會接續當事人的意思或評論,

 

例:

外国人にとって、納豆は食べにくい。

(對於外國人來說,納豆很不方便吃。)

ここはあなたにとって一番安全な場所だ。

(這裡對於你來說是最安全的場所。)

 

有許多學習者,會將「〜に対して」和「〜にとって」的意思搞混,因為二者的中文都是「對於~」。不過其實它們的意思是完全不一樣的,在後面我們也會針對這一部份進行介紹。

 

 

基本句型

 

基本句型: 名詞  にとって、〜。

(對於~來説)

 

 

例:

 

この写真は私にとって大切なものです。

(這張照片對我來說是很重要的東西。)

 

囲碁は私にとって一番の楽しみだ。

(圍棋對我來說是最大的樂趣。)

 

あなたにとって、今、最も重要な課題は何ですか。

(對你來說,現在最重要的課題是什麼呢?)

 

注射は大人にとっても、子どもにとっても嫌なものだ。

(對大人和小孩來說,打針都是令人討厭的事情。)

 

 

如何有效記憶

 

如果不怕字太多的話,也可以將「〜にとって」理解成「の立場から見ると〜(從某人的立場來看的話~)」,二者的意思基本上相同,都相當於中文「對~來說」的意思

 

例:

 

欧米人にとって、日本のお笑いはわかりにくいようだ。

(對於歐美人來說,日本的搞笑藝術似乎很難懂。)

欧米人の立場から見ると、日本のお笑いはわかりにくいようだ。

(站在歐美人的立場來看,日本的搞笑藝術似乎很難懂。)

現代人にとって、パソコンと携帯は不可欠なものです。

(對於現代人來說,電腦和手機是不可或缺的東西。)

現代人の立場から見ると、パソコンと携帯は不可欠なものです。

(站在現代人的立場來看,電腦和手機是不可或缺的東西。)

 

因此,可以將其理解成:

 

「〜にとって」=「對~來説」

 

經常使用場合

 

① 表示站在某人角度來看待事物

 

例:

それは私にとって、はじめての体験だった。

(對於我來說,那是第一次體驗。)

 

酒を作る会社にとって、水と米が命です。

(對於釀酒公司來說,水和米是非常關鍵的。)

 

日本語の「と」と「ど」は、

台湾人にとって、大変聞き取りにくい。

(日文中的「と」「ど」發音,對於台灣人來說是很不容易分辨的。)

 

この話は私にとっても、あなたにとっても、

悪い話じゃないと思います。

(我覺得對我來說、對你來說,這都不是一個壞主意。)

注意事項或相似用法區別

 

 

「〜に対して」和「〜にとって」的不同之處和判斷方法:

 

「〜に対して」:「對於~、針對~」,

表示針對某項事物産生情緒反應或進行動作。

「〜にとって」:「對於~來説」,站在某人的立場,表示看法或觀感。

 

看起來好像有點複雜,我們可以整理地簡單一點,同時讓中文字義不會混淆我們學習:

 

「〜に対して」→ 針對

「〜にとって」→  對~來説

 

例:

 

外国人に対して、私達は友好な態度で接するべきだ。

(對於外國人,我們應該要用友善的態度去迎接他們。)

外国人にとって、臭豆腐は食べにくい。

(對於外國人來說,臭豆腐很難下嚥。)

 

社員に対して、私はどう指導すればいいでしょうか。

(對於社員,我該如何指導才好呢?)

社員にとって、給料は高いほうがいい。

(對於社員來說,薪水高一點比較好。)